NvidiaのGANは完璧なフェイクイメージを生成、顔のパーツをマッシュアップして思いのままに人物を創り出す

Nvidiaはフェイクイメージを生成する技術Generative Adversarial Network (GAN)の最新版を公開した。GANは顔写真を学習し、そのスタイルを把握して、人の顔を生成する(下の写真)。画像は実在の人物ではなく、AIが人の顔というコンセプトを理解して想像で描いたもの。もはやリアルとフェイクの見分けはつかず、インターネット上には存在しない人物の顔写真が蔓延することになる。フェイクニュースの次はフェイクイメージが社会問題になりそうだ。🔒

出典: Tero Karras et al.