Home

ANNOUNCEMENTS

ライブセミナー開始のお知らせ

シリコンバレーと東京をZoomで結んでライブセミナー「Live From Silicon Valley」を実施しています。また、収録した動画はYouTubeでオンデマンド配信しております。お申し込みは下記のリンクから。

米国の新型コロナ出口戦略

(オンデマンド配信:2020年 7月 2日収録)

2029年、AIは人間の知能を超える

(オンデマンド配信:2020年 4月 9日収録)

LATEST NEWS

AIのブラックボックスを開く、GANがフェイクイメージを生成するメカニズムが明らかになる (2020/8/7)

もうスパコンは要らない!?AIが物理学を学習し物質の動きをシミュレーション、DeepMindの最新研究成果から (2020/7/31)

本物より美味しい!!合成生物学の手法で生成されたアイスクリーム (2020/7/24)

コロナと共棲するため飲食店はリアルからデジタルに進化、シリコンバレーで”ゴースト・キッチン”が営業を開始 (2020/7/17)

人工知能 (Artificial Intelligence)

Teslaは完全自動運転車を年内に投入すると表明、AIがクルマを運転する仕組みと解決すべき課題も判明 (2020/7/9)

顔認証技術の使用が全米で禁止される、AIの判定精度が悪く人種差別や誤認逮捕につながる (2020/7/3)

新型コロナウイルス (Novel Coronavirus)

新型コロナの感染をウェアラブルで検知する、AIが身体データを解析し症状が出る前に病気を把握 (2020/6/26)

在宅勤務の働きぶりを上司に代わりAIが監視、アルゴリズムに評価される時代が始まる (2020/6/17)

バラ色ではないシリコンバレーの在宅勤務、地方都市に移住すると給与が減る (2020/6/12)

米国の新型コロナワクチン開発戦略、ハイリスクな技術で2021年1月までに十分な供給量を確保 (2020/6/3)

コロナと共棲する社会の「健康パスポート」、Googleはカリフォルニア州で新型コロナ検査クラウドを構築 (2020/5/30)

シリコンバレーの新型コロナウイルス出口戦略、ロボットによる配送サービスが始まった (2020/5/15)

新型コロナウイルスに関する偽情報のパンデミック、デマの発生源はどこ?デマを拡散しているのは誰? (2020/5/12)

サンフランシスコで都市再開に向け新型コロナウイルス感染者の追跡調査が始まる、Facebook慈善団体がこれを主導 (2020/5/6)

新型コロナウイルス治療薬の開発が進む、ウイルスをコンピュータで生成し感染のメカニズムを解析 (2020/5/1)

シリコンバレーで新型コロナウイルスの抗体検査を実施、実際の感染者数は公表値の80倍 (2020/4/20)

米国で都市ロックダウン解除の準備が進む、AppleとGoogleは新型コロナウイルス感染者追跡システムを開発 (2020/4/17)

米国で新型コロナウイルスの抗体検査が始まる、結果が陽性であれば社会復帰のパスポートとなる (2020/4/10)

新型コロナウイルスのパンデミックはいつ終息する?統計的には国民の大半が感染するまで続く (2020/4/3)

AIが新型コロナウイルスによる肺炎を検知、オープンソースとして公開され医療技術の進化に寄与 (2020/3/27)

GoogleはAIで新型コロナウイルスの3D形状を解明、この情報が治療薬開発を加速する (2020/3/20)

遺伝子変異から新型コロナウイルスの感染経路を解明、中国での感染拡大と同時に世界に拡散 (2020/3/13)

シリコンバレーで新型コロナウイルス治療薬の開発が進む、最新バイオ技術がこの危機を救えるか (2020/2/28)

新型コロナウイルスのフェイクニュースで世界が混乱、Googleは偽情報を検知する技術を開発 (2020/2/21)

量子コンピュータ (Quantum Computers)

FEATURED STORIES

人工知能(Artificial Intelligence)

 

フェイクメディア (Generative Adversarial Networks)

  

LIVE FROM SILICON VALLEY

米国の新型コロナ出口戦略

-ウィズコロナ社会で生き残るヒント、先進事例
-加速するデジタルトランスフォーメーション
開催日時2020年 7月 2日(木) 午前9時30分~午後0時30分
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

※シリコンバレーと東京をネットで繋いだライブセミナー
■ライブ配信 
<1>Zoomにてセミナーをライブ配信致します。
<2>収録した動画をYouTubeで配信しております。

米国の新型コロナウイルス感染者数は160万人を超え、世界で最も深刻な状態にある。それでも、米国は都市閉鎖を解除し、街に人が戻り経済が動き始めた。市民の安全を確保しながら経済の再興を探るという難しいかじ取りを迫られる。このためには、経済活動の再始動とウイルス感染対策の二つの車輪をバランスよく回す必要がある。Living with Corona:コロナ社会をどう生き抜くのか、米国企業はその解をハイテクに求め、新しいワークスタイルやライフスタイルを試みている。このセミナーではコロナと共棲を始めた米国の最新動向をレポートする。

<1>新型コロナウイルス検知技術
 1.Apple/Googleの感染者追跡技術
 2.Facebookが進めるPCR検査と抗体検査
 3.偽情報パンデミックの実態と検知技術
<2>治療薬開発を支える情報技術
 4.AIでウイルスの3D形状を生成
 5.スパコンでウイルス感染のメカニズムを解明
<3>新型コロナと共棲する先進事例
 6.働き方:シリコンバレーで広がる遠隔勤務と地方移住
 7.小売・飲食店:リアル店舗がバーチャル店舗に進化
 8.配送:ロボット宅配が始まる
 9.教育:遠隔授業とMOOCの人気上昇
 10.スポーツ:Eスポーツがリアルより面白い
 11.ヘルスケア:AIによる自動化が進む
 12.娯楽:ストリーミングサービスが急騰
 13.製造:中国から自国への回帰
 14.金融:デジタルバンキングが加速
 15.トレンド1:タッチレスエコノミー
 16.トレンド2:ソーシャルディスタンシング技術
<4>まとめ
 17.デジタルトランスフォーメーションとヒューマンエレメント
<5>質疑応答