Home

ANNOUNCEMENTS

オンラインセミナー開始のお知らせ

シリコンバレーと日本をZoomで結んで「シリコンバレー最新レポート」を配信。お申し込みは下記のリンクから。講演テーマは「2029年、AIは人間の知能を超える」。

http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20141.html

LATEST NEWS

新型コロナウイルス (Novel Coronavirus)

AIが新型コロナウイルスによる肺炎を検知、オープンソースとして公開され医療技術の進化に寄与 (20203/27)

4400

GoogleはAIで新型コロナウイルスの3D形状を解明、この情報が治療薬開発を加速する (2020/3/20)

遺伝子変異から新型コロナウイルスの感染経路を解明、中国での感染拡大と同時に世界に拡散 (2020/3/13)

シリコンバレーで新型コロナウイルス治療薬の開発が進む、最新バイオ技術がこの危機を救えるか (2020/2/28)

新型コロナウイルスのフェイクニュースで世界が混乱、Googleは偽情報を検知する技術を開発 (2020/2/21)

人工知能 (Artificial Intelligence)

AIは危険がいっぱい!!アルゴリズムの脆弱性を補強する対策が求められる (2020/1/31)

OpenAIは最も危険なAIを公開、アルゴリズムが完璧なフェイクニュースを生成する (2020/1/24)

GoogleはAIの品質保証書「Model Cards」を公開、アルゴリズムの機能と性能と限界を明確にする (2020/1/17)

量子コンピュータ (Quantum Computers)

米国空軍は量子コミュニケーションの開発を進める、ハッキングできない安全な通信網が国家のインフラを支える (2019/12/27)

IBMの量子コンピュータ開発、2020年代にスパコンをはるかに凌駕するシステムが登場 (2019/12/20)

米国の量子コンピュータ開発の流れ、2020年は量子アルゴリズムと高信頼性量子プロセッサの開発が進む (2019/12/13)

Microsoftは量子クラウド「Azure Quantum」を発表、量子コンピュータ登場前に量子アプリの開発が進む (2019/11/15)

エアバスは量子コンピュータで航空機をデザイン、NISQで量子アルゴリズム開発が始まる (2019/11/8)

Googleの量子コンピュータ開発、次はNISQでブレークスルーを起こす (2019/11/1)

Googleは量子コンピュータがスパコンを超えたと発表、IBMはそれを否定、この発表をどう解釈すべきか (2019/10/25)



FEATURED STORIES

人工知能(Artificial Intelligence)

 

フェイクメディア (Generative Adversarial Networks)

  

SILICON VALLEY SEMINAR

2029年、AIは人間の知能を超える

-現行AIの限界を超える研究開発のロードマップと次世代AIを見据えた事業構築のヒント-
開催日時2020年 4月 9日(木) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

※シリコンバレーと東京をネットで繋いだライブセミナー
■ライブ配信 
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを
お送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加できます。

2012年、GoogleのAndrew Ngはニューラルネットワークが猫というコンセプトを学んだと発表し、これがAIブームの引き金となった。2029年、AIは人間のインテリジェンスを追い越す、とGoogleのRay Kurzweilは予測する。今年はその中間地点にあたり、高度なAI技法の開発が進み、人間に匹敵するAIの姿が視界に入ってきた。
現行AIは社会に多大な恩恵をもたらすが、その危険性も甚大で、その対策が求められる。現行AIが市場で普及するにつれ、アルゴリズムの限界が明らかになり、それを改良する研究も必要となる。
いま、GoogleやOpenAIやMITを中心に、これらの課題を解決する次世代AIの開発が進んでいる。次世代AIは現行AIの弱点を克服し、安全で信頼できるシステムを目指す。更に、その先には人間レベルの知能を持つAGI(Artificial General Intelligence)という目標がある。
このセミナーでは現行AIの問題点を示し、それを改善する次世代AIの研究成果を解説する。更に、次世代AIを使って事業を構築するヒントを考察する。併せて、人間を超える人工知能AGIに到達するロードマップを提示する。

<1>現行AIの限界と危険性
  1.攻撃性:AIはフェイクビデオで人を騙す
  2.脆弱性:AIアルゴリズムは簡単に騙される
  3.プライバシー:AIは世界の個人情報を学ぶ
  4.ブラックボックス:AIのロジックが見えない
  5.消費電力:AIが巨大化し地球温暖化の原因
<2>現行AIの限界を超える研究
  6.インテリジェンス:AIが人間のように知識を学習する
  7.コミュニケーション:AIが人間のように会話する
  8.量子人工知能:量子コンピュータでAIを高速実行する
  9.AGI:人間の知能を超えるAIへのロードマップ
<3>次世代AIを事業に活用する方法
  10.言語モデル:AIが人間のようにエッセイを書き始めると
  11.コンピュータビジョン:レジ無し店舗は次の段階へ
  12.自動運転車:人間のように運転する技術
  13.ロボット:ピッキングで人間の技量を超える
  14.GAN:危険なアルゴリズムが薬を設計する
  15.説明責任:Glassboxがアルゴリズムの判断理由を説明する
  16.セキュリティ:フェイクメディアを検知する
<4>質疑応答/名刺交換