Home

LATEST NEWS

Waymoの自動運転技術

Alphabet配下のWaymoとDeepMindが連携すると、AIが自動運転アルゴリズムを生成 (2019/8/9)

Waymoは無人タクシーアプリを一般に公開、いよいよ自動運転車サービスが始まる (2019/4/12)

FEATURED STORIES

フィンテック:暗号通貨Libra(リブラ)

Libraに戦々恐々とする世界の金融システム、Facebookが世界最大の銀行になる日 (2019/7/26)

Facebookが連邦政府公聴会で証言、米国が暗号通貨Libraを規制すると中国が世界の金融システムを支配する (2019/7/19)

Facebookは暗号通貨Libraを投入、Bitcoinとは異なり世界が注目する理由 (2019/7/12)

 

GAN (AIがフェイクメディア生成)

  

SILICON VALLEY SEMINAR

フェイスブックの暗号通貨リブラの衝撃 (セミナー申し込み)

- 次世代金融ビジネスとそれを支えるブロックチェーンの急成長 -

開催日時2019年10月 9日(水) 午後2時~午後5時
会場紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F

このセミナーは暗号通貨「Libra」を解説し、Facebookの金融戦略を考察する。また、それを支えるブロックチェーンを分かりやすく説明し、ここで誕生している次世代の暗号通貨を紹介する。いま、ブロックチェーンが急成長しており、この基盤で生まれているイノベーションを解説する。 
Facebookの暗号通貨Libraが世界で波紋を起こしている。暗号通貨Bitcoinは投機目的に使われ値動きが激しい。Libraはその欠点を改良し、金融決済に使うことを目的としてデザインされ、暗号通貨の優等生を目指す。Libraが幅広く普及すると予測され、Facebookは世界最大の銀行となり、金融市場を席捲すると恐れられている。 
Libraはステーブルコイン(Stablecoin)に区分されるが、その実態は謎が多い。Libraに対抗してベンチャー企業はステーブルコインの開発を進めている。また、大手銀行はLibraに対抗するステーブルコインの開発を始めた。これら先進事例を解析し、次世代暗号通貨のトレンドを予測する。 
Libra登場の背後にはブロックチェーンの急速な技術進化があり、ブロックチェーンブームが到来。ブロックチェーンは基礎研究の段階を終え、社会を便利にするソリューションの登場が始まった。また、GoogleなどIT企業はSmart Contracts(インテリジェント契約書)がブロックチェーン成功のカギと位置付け、キラーアプリの開発を進めている。 

<1>Facebookの暗号通貨Libraとは  
  1.世界が注目する理由  
  2.Libraのビジネスモデル 
  3.Libraの実態は何か 
<2>StablecoinがBitcoinを置き換える 
  4.ベンチャー企業が開発するStablecoin 
  5.大手銀行がLibraに対抗する暗号通貨を開発 
  6.LibraとStablecoinが成功する条件 
<3>ブロックチェーンのイノベーション  
  7.ブロックチェーン概要と市場動向  
  8.地方自治体がブロックチェーンで住民サービス  
  9.ブロックチェーンを使った選挙投票システム 
  10.Smart Contractsでキラーアプリ開発 
<4>キャッシュレス最新動向 
  11.米国でキャッシュレスの流れが加速 
  12.次世代クレジットカード:Apple Card体験レポート 
<5>質疑応答/名刺交換 

セミナーアーカイブ(DVD, Amazonで販売)