作成者別アーカイブ: nad00251

新型コロナウイルス治療薬の開発が進む、ウイルスをコンピュータで生成し感染のメカニズムを解析

新型コロナウイルスの治療薬とワクチンの開発が世界で進んでいるが、そのためにはウイルスの形状と感染のメカニズムを理解することが必須条件となる。感染は新型コロナウイルス(下の写真)の突起(Spike Protein、赤色の部分)が人の細胞に付着して起こることは分かっているが、その詳細はまだ解明されていない。米国でウイルスの突起をコンピュータで生成し、その動きをシミュレーションする研究が進んでいる。

出典: CDC

新型コロナウイルスとは

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は球体の形状で、ヒトの細胞に感染して病気(COVID-19)を引き起こす。ウイルスの直径は80nmで人間の髪の毛の直径の千分の一程度の大きさとなる。ウイルスの突起が人間の細胞に接続し感染を引き起こす。突起の部分が王冠(Corona)に見えるため「Coronavirus」と呼ばれる。Coronavirusは種別の総称で、ここにはMERSやSARSの他に風邪のウイルスも含まれている。ヒトは長年にわたりCoronavirusに感染してきたが、新型コロナウイルス(Novel Coronavirus)は文字通り新手のウイルスとなる。

感染経路

COVID-19はSARSやMERSと同じように他の種から人間に感染する病気(Zoonotic Disease)となる。COVID-19はコウモリが感染源であるが、その経路は分かっていない。COVID-19はコウモリからセンザンコウ(Pangolins)などの動物に感染し、それを人間が食べて感染したとの解釈がある。一方、トランプ大統領は、中国・武漢の研究所「Wuhan Institute of Virology」がSARS-CoV-2の研究を進めており、それが誤って流出し感染が始まったとの見解を示している。米国政府はその解明を進めるとしているが、中国政府はこれを全面的に否定し、感染経路の特定は難航が予想される。

ヒトに感染する仕組み

SARS-CoV-2はウイルスの突起「Spike Protein」がヒトの細胞表面のアダプター「ACE2(angiotensin-converting enzyme 2)」に接続して感染することが分かっている。(下の写真:上部がウイルスで三色(赤・青・黄)の部分がSpike Protein、下部がヒトの細胞でY字型の部分がACE2。) ACE2は肺や血管の表面に付着している酵素で血圧を下げる機能がある。Spike ProteinとACE2が結合すると、両者の被膜が溶け、ウイルスが細胞の中に入る。ヒトの細胞に侵入したウイルスはRNAを放出し、このコードを元に新しいウイルスが生成される。数時間で一つの細胞から数万個のウイルスが生成され、これらが他の細胞に感染する。

出典: Stony Brook University

コンピュータモデル

治療薬やワクチンの開発では研究者はSpike Proteinに着目している。Spike ProteinがACE2に結合するプロセスを抑止することで感染を防げるとしている。この方針に従って治療薬やワクチンの開発を進めている。このためには、両者が接合するメカニズムを理解する必要がある。SARS-CoV-2の形状は実験で分かっているが、Spike ProteinがACE2に接続する仕組みについてはよく分かっていない。Spike Proteinは三つのパーツ(上の写真、赤色、黄色、青色の部分)で構成され、これらが変形してACE2に接続するとされる。その際に、三つのパーツがハサミのように開き、ACE2を掴んで接続すると考えられる。コンピュータでSpike Proteinのモデルを生成し、動きをシミュレーションすることで、接合のプロセスを解明する。この情報が治療薬やワクチンの開発での基礎情報となる。

研究チーム

この研究はStony Brook Universityの研究チームにより実行された。モデルの開発では米国国立研究所(Brookhaven National LaboratoryとArgonne National Laboratory)と共同で実施された。次のステップはこれらの研究所が所有するスパコンを使ってモデルを実行することで、ウイルスとヒトの細胞の相互作用のメカニズムの詳細を把握する。

出典: COVID-19 HPC Consortium

新型コロナウイルスHPCコンソーシアム

新型コロナウイルスの研究は多くの研究機関で進められている。米国政府と民間企業はこの研究のためコンソーシアム「COVID-19 HPC Consortium」を結成し、研究機関にスパコンを提供している。オークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Lab)はスパコン「Summit」を提供し、民間企業からはGoogleやMicrosoftがHPCクラウドを提供している。大学などの研究機関はこれらのHPCシステムを使って新型コロナウイルスの研究を進めている。使用料は無償であるが、研究成果はコンソーシアムのホームページで一般に公開されている(上の写真)。今は国家の非常事態で、国立研究所や民間企業は計算環境を無償で公開し、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の開発を支えている。

シリコンバレーで新型コロナウイルスの抗体検査を実施、実際の感染者数は公表値の80倍

各国で新型コロナウイルスの感染者数が公表されているが、実際の感染者数はこれより多いと予想されてきた。シリコンバレーで大規模な抗体検査が実施され、新型コロナウイルスに感染した人数が判明した。それによると、その数は公表値の80倍で、やはり感染が広範囲に及んでいる実態が明らかになった。全米で都市封鎖解除が始まるが、これらの調査結果が計画立案のベースとなる。

出典: The Stanford Daily

抗体検査を実施

この検査は2020年4月、スタンフォード大学医学部(Stanford Medicine)がカリフォルニア州サンタクララ群で実施した。地区住民の3,300人が対象となり、被験者の血液を採取して新型コロナウイルスの抗体検査(Serology Testing)が行われた(上の写真、ドライブスルー方式の抗体検査)。被験者はFacebookのターゲティング広告で募集され、検査対象グループは地域を代表するデモグラフィックになるよう調整された。

検査結果

試験結果は統計処理され、有病率(Prevalence)は2.49%から4.16%であった。これは被験者の中で新型コロナウイルスに感染した人の割合を示している。これを人数に換算すると、サンタクララ群の住民の48,000人から 81,000人がウイルスに感染したことになる。一方、サンタクララ群が発表している感染者数は1,019人(4月2日現在)であり、実際の感染者数はその50倍から80倍であることが判明した。

検査の目的1:正確な感染者数を把握

スタンフォード大学がこの検査を実施した理由は新型コロナウイルスの感染者数を正しく把握することにある。新型コロナウイルスは感染しても症状が無いか、または、軽いケースが多い。これらの人は国(CDC)の基準によりPCR検査対象者とならず、検査を受けることができない。事実、米国ではPCR検査を受けた人は全体の1.2%程度で感染範囲の全体像がつかめていない(下のグラフ)。多くの感染者が未確認の状態で統計データには反映されておらず、公表値は実際の数字を大きく下回っている。

出典: Our World in Data

検査の目的2:正確な致死率を把握

正確な感染者数が分かると、新型コロナウイルスによる死亡率の実態が分かる。調査レポートには具体的な数字は示されていないが、サンタクララ群が発表したデータを見ると、感染者数は1,870人で死亡者数は73人(下のグラフィックス)で、致死率は3.9%となる。一方、抗体検査で判明した感染者数で致死率を計算すると0.15%から0.09%となる。この数字はインフルエンザの致死率(0.1%)と同じレベルで、新型コロナウイルスは必ずしも危険な病気とは言えない。

出典: Santa Clara Public Health

検査の目的3:免疫を持っている人を把握

抗体検査のもう一つの目的は免疫を持っている人を特定することにある。新型コロナウイルスから快復すると体内に抗体ができ、これが免疫となり再び病気にかからないとされる。抗体検査で陽性であれば、これが社会復帰へのパスポートとなると期待されている。しかし、WHOは、この仮説は確認されておらず、抗体ができても再び病気にかからないとの保証はなく、慎重な対応を促している。免疫に関する確実な情報はなく、都市閉鎖解除で社会復帰のプロセスを策定する際には、この点に留意して進める必要がある。

抗体検査キットの信頼性

抗体検査キットは多くの製品が出ているが、その検査精度が疑問視されている。通常なら、FDAの厳格な評価を経て製品化されるが、いまは非常事態でFDAは検査基準を緩めており、市場には様々なキットが出荷されている。このため、精度が十分でないキットが沢山ある。精度はSensitivity(正しく判定する精度)とSpecificity(誤検知しない精度)で示され、どちらも99%の精度が要求される。しかし、これを大きく下回る精度の製品も少なくなく利用には注意を要す。

ニューヨーク州で実施予定

ニューヨーク州のクオモ知事は、4月20日から同州で大規模な抗体検査を実施すると発表した。FDAはこの試験を承認しニューヨーク州保健当局(Department of Health)が実施し、全米で最大規模の抗体検査となる。14,000人の住民がランダムに選ばれ、何人が感染したのかを調べ、感染の規模が初めて明らかになる。更に、抗体があればそれが免疫となり、社会に復帰できる証明書となるシナリオも計画されている。ただ、上述の通り病気に対する免疫は実証されたデータはなく、その効果を検証しながら進められることになる。

ドイツで抗体検査を実施

米国に先立ち、ドイツで抗体検査が実施され、4月にその結果が発表された。Gangeltという地区の住民500人を対象に実施され、その14%が抗体を持ち、過去にウイルスに感染したことが判明した。この町では2月にカーニバルが開催され多くの人が訪れ、その後感染が急拡大した。この検査で致死率は0.37%と推定しており、公表されている数字(3.11%)を大きく下回る。ドイツは抗体があれば病気に対する免疫があるとの解釈が支配的で、住民の14%が陽性であることは集団免疫(Herd Immunity)に近づいたとみている。これはWHOの解釈と異なり、免疫に関する考え方について議論が続くことになる。

出典: Vice

致死率と都市ロックダウン

米国のアカデミアには、新型コロナウイルスの致死率はインフルエンザと同程度であり、都市をロックダウンして感染を防止することに反対する意見もある。都市を閉鎖すると、社会活動が停止し、経済恐慌に至る。致死率が高くない感染症対策では都市ロックダウンという強硬策はそぐわないとしている。一方、新型コロナウイルスにはワクチンはなく、拙速に都市閉鎖を解除すると感染が再び急拡大し、今までの努力が水泡に帰すとの考え方が大勢を占めている。識者の多くは、ロックダウンは正しい判断で、いまはそれを解除するプロセスをゆっくりと進めることが重要との見解を示している。(上の写真、都市閉鎖に反対するグループは州庁舎を取り囲み解放を求めている。)

米国で都市ロックダウン解除の準備が進む、AppleとGoogleは新型コロナウイルス感染者追跡システムを開発

米国で新型コロナウイルスの拡大がピークを越え、都市ロックダウン解除についての議論が始まった。政府関係者は地域ごとに徐々に閉鎖を解除することを提案している。閉鎖解除には、広範囲なウイルス検査と感染者追跡システムを確立することが必須条件となる。

出典: Apple / Google

Contact Tracing

後者は「Contact Tracing」と呼ばれ、感染者とその接触者を追跡し、感染拡大を阻止する仕組みを指す。中国や韓国やシンガポールなどで実施されているが、この仕組みをそのまま米国に適用できない。米国市民は個人情報保護に敏感で、プライバシーを守りながらContact Tracingを運用する必要がある。AppleとGoogleは両社が共同してこの要件に沿ったContact Tracingシステムを開発した。

システムの概要

AppleとGoogleは2020年4月、個人のプライバシーを守りながら濃厚接触を検知する技術を公開した。これは「COVID-19 Contact Tracing」と呼ばれ、スマホのBluetooth Low Energyを使って接触を検知する。Bluetoothは近距離無線通信技術で、スマホは定常的に近傍のスマホとシグナルを交換する仕組みになっている。Contact Tracingはこの仕様を使い、個人を特定することなく濃厚接触を把握し、感染の危険性を通知する。これはiOSとAndroidの基本ソフト機能として提供され、医療機関はこれを使って濃厚接触者を特定するアプリを開発する。

濃厚接触を検知する仕組み

公的な医療機関はContact Tracingのアプリを開発し、住民はこれをスマホにダウンロードして使う。アプリは濃厚接触を検知する機能を持つ(下のグラフィックス、左側)。スマホは常にBluetoothのシグナルを発信しており、近傍にスマホがあると、両者はKey(Rolling Proximity Identifier、識別番号)を交換する。スマホはこのKeyをデバイスに格納し、誰が近くにいたかを記録する。Keyはデバイスを特定する番号であり、個人情報や位置情報は含んでいない。

利用者が病気に感染すると

その後、利用者がウイルスに感染していることが分かると、この情報をアプリに入力する。アプリは利用者の許諾の元、BluetoothのKeyをクラウドのデータベースにアップロードする(下のグラフィックス、右側)。このKeyが感染者を特定する番号となる。(Keyはセキュリティを担保するため頻繁に変わる。このため過去14日間で生成されたすべてのKeyがアップロードされる。)

出典: Apple / Google

濃厚接触を把握する

スマホは定期的にその地域の感染者のKeyをデータベースからダウンロードする。感染者のKeyとデバイスに格納している接触者のKeyを比較する(下のグラフィックス、左側)。接触者のKeyと感染者のKeyが一致すると、利用者は感染者と濃厚接触したことになる。つまり、接触者の中に感染者がいたことが分かる。

警告メッセージを表示

次に、アプリはスマホ利用者に、感染者と濃厚接触した疑いがあるとの警告メッセージを表示し、取るべきアクションを指示する(下のグラフィックス、右側)。一方、政府医療関係者はこの情報を使って感染対策を進める。この際、アプリ利用者やAppleやGoogleは感染者の個人情報を知ることはできない。

出典: Apple / Google

アプリ開発のプラットフォーム

COVID-19 Contact Tracingは感染者を追跡するためのプラットフォームで、実際のアプリは医療機関により開発される。これら医療機関がアプリを使って感染者をトレースする仕組みとなる。この機能は2020年5月にAPIとして提供され、その後、iPhoneとAndroidの基本ソフトに組み込まれ感染者追跡機能として搭載される。

ロックダウン解除の条件

全米の主要都市が閉鎖され社会生活や事業活動が停止しているが、いま閉鎖を解除する方策が議論されている。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)長官のRobert Redfieldはロックダウンを解除するためにはアグレッシブな感染経路の追跡が必要であるとの見解を示した。都市閉鎖を解除すると再び感染者が増えるが、それを抑え込むために感染経路を特定する仕組みを制定しておく必要がある。更に、患者増加に対して、感染者を治療する医療施設が揃っていることも条件となる。

濃厚接触者を特定するプロセス

政府医療機関は感染症がアウトブレークした際に、Contact Tracingの手法で、病気感染者に接触した人物を見つけ、必要な対策を実施してきた(下のグラフィックス、CDCのContact Tracingのプロセス、エボラ出血熱のケース)。接触者の状態に応じて隔離や観察の措置を取る。また、接触者が感染している場合は、同じプロセスを繰り返し、感染のエッジに到達するまで作業を進める。Contact Tracingは感染症対策の常套手段でCDCの専門部隊などがこの任務を担っているが、COVID-19 Contact Tracingを使うことでこのプロセスが大幅に効率化されると期待されている。

出典: CDC

中国や韓国の事例

中国・武漢では1800の感染症対策チームが編成され大規模にContact Tracingを実行したとされる。また、韓国、シンガポール、台湾ではスマホを使ったContact Tracingが実施されている。これにより、感染のピークを押さえることができ、成功した事例として評価されている。

個人情報収集とプライバシー

中国で住民は移動する際に掲載されているQRコードをスマホで読み込み位置情報を登録する。韓国では監視カメラ、スマホの位置情報、クレジットカード決済データを使って感染者との接触情報を把握する。香港では政府が感染者の位置情報を公開し周囲の住民に注意を喚起している。これらは濃厚接触者追跡に有効な情報であるが、米国社会はこれらの手法はプライバシーの侵害と解釈し、そのまま適用することは難しい。

国民性の相違

このような緊急事態であるが、米国では個人のプライバシーを保護しながらContact Tracingを進めるという難しいプロセスが要求される。政府機関が国民の個人情報へアクセスすることを最小限に抑え感染症を封じ込めることが求められる。国民性の違いにより感染症対策の手法も異なることになる。

米国で新型コロナウイルスの抗体検査が始まる、結果が陽性であれば社会復帰のパスポートとなる

米国で新型コロナウイルスの感染が拡大しているが、ピークは来週といわれ峠を越そうとしている。全米の主要都市がロックダウンされ厳しい対策が続くが、いつ都市閉鎖を解除し通常の生活に復帰できるかが関心事となる。その手掛かりの一つが血液検査で、抗体があれば再び病気にかからないと解釈される。抗体検査で陽性の人から社会に復帰する仕組みが議論されている。(下の写真、米国の感染者数の分布、患者はニューヨーク地区に集中している。)

出典: New York Times

全米で抗体検査を実施

アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health)で感染症対策の指揮をとるアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)博士はCNNとのインタビューで、抗体検査が必要であるとの認識を示し、米国内で大規模な検査を実施するとの見通しを示した(下の写真)。また、ファウチ博士は抗体検査で陽性であれば新型コロナウイルスに対する免疫があることを示す「証明書」を発行するとの考え方も示した。この証明書が社会復帰のためのパスポートとなり、ロックダウンを解除するためのツールとなる。ファウチ博士はトランプ政権の新型コロナウイルス・タスクフォースの中心的存在で、国民に病気に関する正確な情報を発信し続けており、いま一番信頼されている人物でもある。

出典: CNN

感染の範囲を把握

これに先立ち、アメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention)は新型コロナウイルスの感染者数についてより詳細な調査を始めた。これは血液検査で新型コロナウイルスの抗体があるかどうかを調べるもので、検査結果が陽性であれば被験者は過去にウイルスに感染していると解釈される。新型コロナウイルスでは病気の症状が出ない(Asymptomatic)人が多く、感染者数は報告されている数字よりかなり多いと推測される。抗体検査を実施することで見落とされていた感染者を把握し、病気の実態を正確にとらえることを目標にしている。

抗体検査が始まった

既に、カリフォルニア州で新型コロナウイルスの抗体検査が始まった。サンタクララ群では3000人の被験者から血液を採取して検査を実施した。また、ロサンジェルス群では今日から試験が始まり、1000人の被験者を対象に検査が実施されている。これらはCDCの検査と同様に、新型コロナウイルスの感染の範囲を正確に測定するために実施される。

スタンフォード大学

これとは別に、スタンフォード大学病院(Stanford Medicine)は医師やナースなど医療従事者を対象に抗体検査を実施している。これは、医療従事者のだれが感染のリスクが低いかを把握するために実施されている。検査結果が陽性であれば感染のリスクは下がり、安心して治療にあたることができる。

抗体とは

抗体(Antibody)とは血液の白血球(White Blood Cell)から作られるたんぱく質で、感染を防ぐために作用する。抗体はウイルスに結合し、ウイルスが細胞に感染するのを防ぐ。また、抗体は感染が終わっても長い間血液の中に留まる。つまり、抗体の存在はウイルスに感染した証拠であり、感染病の真の範囲を把握できる。更に、抗体があれば再び病気に感染する可能性は低く、通常の社会生活を送ることができる。このため、抗体は職場復帰へのパスポートとも解釈される。

抗体検査方法

抗体検査は被験者が特定の抗原(Antigen、ウイルスなどの病原体)にさらされたかどうかを判定する。検査ではELISA(Enzyme-Linked ImmunoSorbent Assay)という方式が使われ、ウイルスの抗原に似た物質を使って調べる。検体に抗体が存在すると抗原と結合し、試薬の色が変わるなどの仕組みとなる。

抗体検査キット

既に、Cellex社から抗体検査キットが提供されている(下の写真)。これはアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)が承認した最初のケースで、消費者は家庭で手軽に抗体検査ができる。被験者は指先で採血し、それを検査容器(下の写真、手前の白い容器の円形の部分)に入れ、ここに試薬を入れることで結果が出る。検査時間は10分程度で手軽に検査ができる。

出典: Cellex

病気感染の検査

これに対して、新型コロナウイルスに感染していかどうかを調べるにはスクリーニングテスト(Diagnostic Tests)が使われる(下の写真、ドライブスルー方式の試験場)。これは現在実施されている試験でRT-PCRテストとも呼ばれる。この試験では検体に新型コロナウイルスのRNAがあるかどうかを調べる。新型コロナウイルスでは感染しても症状がでない患者が多いといわれている。このため、症状のない感染者はスクリーニングテストの対象から外され感染者数が少なく推定される。

出典: SF Chronicle

不明な点が多い

新型コロナウイルスに関するデータは少なく抗体について不明な部分が多い。新型コロナウイルスは新しい病気で、抗体がいつまで存在し続けるのかは分かっていない。来年、新型コロナウイルスが再発しても病気にかからないという保証はない。また、感染してから抗体ができるまでに10日かかるといわれており、抗体ができたあとも病気を感染させるケースもある。これらの要素を考慮してロックダウン解除の手段を講じていくことになる。

社会復帰のシナリオ

米国の主要都市は閉鎖状態で、企業や小売店や飲食店の営業活動が止まり、多くの人が職を失っている。アメリカ合衆国労働省によるとこの三週間で1700万人が職を失い、労働人口の10%が失業状態にある。このためできるだけ早くロックダウンを解除し、市民を職場に復帰させる必要がある。安全に社会復帰を行うには抗体検査が重要なツールとなり、陽性の人から職場に戻ることが検討されている。病気に対する免疫については分からないことが多く、他の対策を併用し安全に職場復帰を目指すシナリオが検討されている。

新型コロナウイルスのパンデミックはいつ終息する?統計的には国民の大半が感染するまで続く

米国で新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大し、主要都市はロックダウン(shelter-in-place)の状態となった。住民は自宅に留まることを求められ、外出時には他人と一定の距離を取ること(Social Distancing)が義務付けられた。このため、全米の主要都市で経済活動は止まり、失業者が急増している。新型コロナウイルスがいつ終息するのか見通せない日々が続き、社会生活や企業活動に不安が広がっている。(下の写真、サンフランシスコの観光地は閑散としている。)

出典: The Mercury News

いつまで感染が続くのか

世界各国は新型コロナウイルスを抑え込むことに失敗した。SARSやMERSでは一定の成果を上げたが、新型コロナウイルスではけた違いに大きな被害が広がっている。主要都市を閉鎖して感染拡大を阻止しているが、これがいつまで続くのか先が見えない日々が続いている。統計的には、感染病が終息するためには集団免疫(Herd Immunity)が形成されることが前提となる。

集団免疫とは

集団免疫呼とは住民の大部分が免疫を持つことで感染病の拡大を防ぐことを意味する。多くの住民が免疫を持てばこれが楯となり、病気が爆発的に感染することを防げる。一般には、ワクチン接種で抗体が生成され、これが感染症に対する免疫となるが、新型コロナウイルスにはワクチンは無い。このため、新型コロナウイルスでは、感染して病気になり、自力で快復して抗体を得るしか手がない。

病気のうつりやすさ

集団免疫は病気の感染の度合いにより決まる。病気が感染しやすい場合は集団免疫の数値は上がり、多くの人が免疫を持たないとアウトブレークは止まらない。病気の感染のしやすさは基本再生産数(Basic Reproduction Number、略称はR0)と呼ばれ、一人の患者から何人に感染するかという指標となる。平均して一人の患者から二人に病気がうつると基本再生産数は2となる。

国別の基本再生産数

新型コロナウイルスに関して国別に基本再生産数が公開されている(下のグラフ)。米国では1.9 – 5.9と非常に高い値を示している。一方、日本の基本再生産数は極めて低く0.6 – 1.1となっている。ただし、この集計は3月19日現在のもので、日本において感染が急拡大する前の値である。この指標は各国が実施している感染対策がどれだけ効果があるかを示している。

出典: Centre for the Mathematical Modelling of Infectious Diseases

集団免疫を計算すると

この基本再生産数を元に集団免疫を計算すると、米国は0.47 – 0.83となり、国民の半数以上が免疫を持つまでパンデミックは止まらないことを示している。米国の人口は3.2憶人超で、1.5億人から2.7億人が感染すると病気が終息する。日本の基本再生産数は0.6 – 1.1で、3月19日時点では、感染は収束に向かっていることを示している。

二つのルート

新型コロナウイルスにはワクチンが無いため、免疫を得るためにはウイルスに感染して抗体が作られるのを待つしかない。このため、素早く集団免疫に到達するため、都市をロックダウンしないで通常の生活を送らせる方式を取る国がある。これはスウェーデンとブラジルで、集団免疫に早く到達できることに加え、経済活動を停滞させという大きなメリットも見込んでいる。特に、ブラジルは国民の健康より経済活動を優先しているともいわれる。しかし、両国では感染者数に対する死亡者数の割合が大きく、無謀な選択だとして世界から批判されている。

いつまでロックダウン

この方式では、患者数が急増し治療のためのベッドやICUの数が足らず、医療崩壊につながる。このため、他の国々は緩やかに集団免疫に向かうルートを選択している。都市をロックダウンし、ソーシャルディスタンシングを取り、感染のピークを押さえる方式を取っている。では、いつまでロックダウンを続けると感染を抑え込めるのかが議論となる。

米国は30日間

米国では、トランプ大統領は4月30日までこの措置を続けるよう求めている。しかし、医療関係者は医療崩壊を防ぐためには、少なくても3か月のロックダウンが必要であると主張する。ロックダウンが長引くと企業活動が停滞し、経済に重大な影響を及ぼすため、感染防止と経済活動のバランスをどうとるか難しい選択となる。

出典: The Hill

気になるレポート

このような中で英国Imperial Collegeから気になる研究レポートが発表された。レポートは、ワクチンが無い中で感染のピークを押さえるために、今年8月までロックダウンを継続する必要があるとしている。一方、9月にロックダウンを緩めると、今年の後半に再び感染が広がると予測している。4月から8月までロックダウンを続け、その後これを解除すると、11月に大きく感染が広がる(下のグラフ)。これは英国の感染者数の予測であるが、このトレンドは日本や米国にも当てはまる。

出典: Imperial College

グラフが意味すること

上のグラフはウイルス対策と患者数(ベッドの数)の関係を示している。黒色の実線:何も対策を取らないと5月に患者数が急増するが、今年後半にはピークは現れない。緑色の実線:学校閉鎖など厳しい対策を取ると患者数は抑えられる。しかし、その後対策を緩めると11月に大きなピークが発生する。

今年後半にも対策が必要

これは集団免疫の考え方によるもので、基本再生産数を2.6としており、住民の62%が免疫を得るまでは感染が続くことになる。いま感染のアウトブレークを押さえるために厳しい対策を取るが、対策が緩和されると感染症がぶり返す。そのため、今年後半に再び対策が必要になることを示している。

年内は厳戒態勢

今は目の前の感染を押さえるために手一杯で、今年後半の対策については考えが及ばないのが実情である。しかし、ワクチンができるまでは感染対策と病気拡大のサイクルが繰り返される。このため、少なくとも今年いっぱいは厳戒態勢で臨む必要がある。