カテゴリー別アーカイブ: スタートアップ

コロナと共棲するため飲食店はリアルからデジタルに進化、シリコンバレーで”ゴースト・キッチン”が営業を開始

コロナがデジタルトランスフォーメーションを加速しているが、レストランもデジタル化を進めている。デジタルなレストランはGhost Kitchenと呼ばれ、店舗を持たない配送専門の飲食店となる。Ghost Kitchenはキッチンだけの施設で、注文を受けた料理を調理し、消費者宅まで配送する。DoorDashは仮想レストラン「DoorDash Kitchens」をシリコンバレーにオープンし営業を開始した(下の写真)。

出典: VentureClef

オンデマンドの出前サービス

DoorDashはサンフランシスコに拠点を多く新興企業で、レストラン出前サービスで急成長している。コロナの感染拡大でレストランは営業自粛を求められ、事業存続の危機に瀕している。多くのレストランは生き延びるため、DoorDashなどのオンデマンド配送サービスを利用し、宅配に特化した事業モデルにシフトしている。

DoorDash Kitchens

DoorDashは新たな試みとして仮想レストランの事業を始めた。これが「DoorDash Kitchens」で、シェフや事業者向けに調理場を提供する。シェフは店舗を持つ必要はなく、DoorDash Kitchensを借りて、簡単にレストランを運営できる。DoorDash Kitchensはダイニングスペースはなく、出前と受け取り専用のレストランとなる。

実際に使ってみると

実際にDoorDash Kitchensを使ってみたが、美味しい料理を短時間で受け取ることができ、とても便利だと感じた。専用アプリでレストランを選択し、そこで料理を注文し、それをDoorDash Kitchensで受け取る手順となる。ここでThe Italian Homemade Companyというレストランでパスタを注文し(下の写真、左側)、指定された時間にDoorDash Kitchensに出向き、料理を受け取った(下の写真、中央)。

出典: VentureClef

店舗で料理を受け取る

DoorDash Kitchensに到着すると、店舗は人目を引くデザインで、入り口にはDasher(宅配スタッフ)たちが出前の順番を待っていた(先頭の写真)。店舗内部にはダイニングスペースはなく、調理された料理がパッケージされ、棚に置かれていた(下の写真、左側)。棚の裏側がキッチンになっており、複数のレストランが入店し、ここで注文を受けた料理を調理する(下の写真、右側)。

出典: VentureClef / DoorDash

シンプルで美味しい料理

ここでラビオリ(Ravioli)とニョッキ(Gnocchi)とフェットゥチーネ(Fettuccine)を注文したが(下の写真)、ベーシックなイタリアンで美味しかった。レストランでは手の込んだ料理が出るが、DoorDash Kitchensではシンプルで美味しい料理をキッチンで量産する仕組みとなる。ここには複数のレストランが入っており、イタリア料理の他にハラール料理やタイ料理など6店舗が入居している。

出典: VentureClef

事業戦略

DoorDash Kitchensはレストランのターンキーソリューションで、シェフはレストランを開設することなく簡単に事業を開始できる。また、DoorDashが調理した料理を宅配するので、シェフは調理に専念できる。DoorDash Kitchensがレストランというプラットフォームを提供し、シェフはここで仮想レストランを運営する。ちょうどクラウドの上でシェフというアプリが動く形態で、クラウド・レストランとも呼ばれる。コロナの感染が広がる中、DoorDash Kitchensのようなクラウド・レストランに注目が集まっている。

出典: VentureClef

アウトドアダイニング

レストランはデジタル化を進めるとともに、ダイニングスペースをオープン化する試みを始めた(上の写真)。マウンテンビュー市は通りを歩行者天国とし、レストランはここにソーシャルディスタンスを保ってテーブルを配置している。屋内の閉じた空間では感染の危険性が高く、オープンスペースで安全なダイニングを提供する。コロナ感染が急増しているので出向くのをためらうが、営業時間にはテーブルはほぼ満席で、レストランの新モデルとして注目されている。

ベンチャーキャピタルの技術発表イベント、音楽ストリーミングにブロックチェーンを導入

ベンチャーキャピタル500 Startupsはサンフランシスコで発表イベントを開催し、スタートアップは開発した最新技術を披露した。カナダ・バンクーバーに拠点を置く新興企業Beatdappは音楽ストリーミング回数を計測する技術をブロックチェーンで開発し、そのデモを公開した(下の写真)。音楽ストリーミングサービスがブームであるが、配信企業と音楽制作会社の間で音楽配信回数が食い違い、訴訟に発展することも珍しくない。

出典: VentureClef

音楽ストリーミングサービスとは

音楽ストリーミングとは、音楽制作会社(Record Labels、レーベル)やアーティストが制作した音楽を、配信会社(Digital Service Provider、DSP)が消費者にオンデマンドで配信するサービスを指す。レーベルはWarner Music Groupなど大手三社と数多くの独立系(Indie Label、インディーズ)からなる。また、DSPではSpotifyがトップで、それをApple Music、Amazon Music、Tencent Musicなどが追っている。

音楽ストリーミング事業

音楽ストリーミングサービスでは音楽や音楽ビデオの配信回数で収入が決まる。この事業の収益は視聴者のサブスクリプションと広告収入で構成され、配信回数に応じてDSPがレーベルやアーティストに売り上げを分配する。しかし、Beatdappによると、世界600社の音楽ストリーミングサービスを調査すると、DSPが報告した配信回数と実際の配信回数の間に隔たりがある。DSPはレーベルやアーティストに過少申告し、その金額は$4.5Bに上るとしている。

音楽配信アナリティックス

この問題を解決するためBeatdappは音楽配信アナリティックス技術を開発した。レーベルやアーティストはBeatdappを利用することで、音楽配信情報を把握し、販売金額を正しく掴むことができる(下のグラフィックス)。具体的には、特定アーティストの音楽配信回数がグラフやテーブルで示される。例えば、The Poetというアーティストの曲が今月は1234回配信されたことが分かる。また、DSPごとの配信回数がグラフで表示され、SpotifyやApple Music経由での配信回数を掴むことができる。

出典: Beatdapp  

ブロックチェーン構成

音楽配信回数をカウントするためにはDSPがBeatdappをシステムに組み込む必要がある。DSPとしてはBeatdappを統合することで不正使用を検知でき、また、経理監査プロセスを自動化できるメリットがある。Beatdappはブロックチェーンを使ってシステムを運用している。システム構成は公開されていないが社名(Beat + dapp)にヒントがある。「Dapp」とはブロックチェーン「Ethereum」の上で稼働する分散アプリ「Decentralized Application」を指す。Dappは「Smart Contracts」とも呼ばれ、インテリジェントな契約機能を持つ。Beatdappのケースでは人間の介在無しに(人間がデータ集計でミスすることなく)Dappが契約(事前に設定されたルール)に基づき、音楽配信回数を正確にカウントする。

音楽産業の斜陽化

音楽産業は斜陽化の時代を抜けストリーミングで生まれ変わろうとしている。1980年代にCDが導入され音楽産業が大きく成長した。音楽がデジタルに記録され音質が上がり、1999年には売上金額がピークに達した。しかし、同年、P2Pファイル共用サービス「Napster」の登場で、デジタルに記録された音楽が不正にコピーされ、これ以降、音楽の売り上げが毎年低下することとなった(下のグラフ、Physicalの部分)。

出典: Financial Times  

音楽ダウンロードが転機になる

しかし2001年、AppleがiTunesを投入し、この流れが変わった。iTunesはメディアプレーヤーで音楽やビデオファイルをダウンロードして再生する。iTunes Storeで音楽ファイルを購入することで音楽の売り上げが少しずつ増えてきた(上のグラフ、Digital Downloadsの部分)。ついに、2013年には減少を続けてきた音楽収入が上昇に転じ、音楽産業は底を脱した。

ストリーミングが音楽産業を再生する

更に、この頃から音楽をダウンロードではなくストリーミングで聞く方式が人気となってきた(上のグラフ、Streamingの部分)。この先陣を切ったのはSpotifyで、著作権で管理された音楽を配信する事業を広げていった。2015年にはApple Musicがこの市場に参入し、音楽市場が一気に拡大した。この勢いでストリーミング事業が成長すると2026年には過去最大の売り上げを記録するとの予測もある。

ブロックチェーンはトライアルから実用段階へ

ブロックチェーンはBitcoinなど暗号通貨だけでなく、サプライチェインなどで適用が広がっている。ただ、多くの企業はブロックチェーンを試しに使ってみるだけで、これは「Blockchain Tourism(ブロックチェーン観光)」と揶揄されてきた。しかし、今年からブロックチェーンをアプリに組み込み基幹業務に適用するケースが増えてきた。ブロックチェーンはトライアルの段階を抜け実用段階に進んできた。技術の成熟度に敏感な新興企業はブロックチェーンを使ったアプリの開発を始め、今年はブロックチェーンが開花する予兆を感じた。