カテゴリー別アーカイブ: 自動運転車

Teslaは無人ライドシェア事業を開始、ハンドルのない完全自動運転車がUberの顧客を奪う

Teslaは2019年4月、自動運転技術を報道機関向けに紹介するイベント「Tesla Autonomy Day」を開催した。この模様はYouTubeで公開された。Teslaは2020年に完全自動運転車(Level 5)を投入するとともに、無人のライドシェア事業を始めることを明らかにした。Teslaオーナーはクルマをロボタクシー(Robo Taxi)として貸し出し、無人ライドシェアが乗客を輸送する。無人ライドシェア料金は安く、TeslaがUberやLyftの顧客を奪おうとしている。 🔒

Teslaは年末までに完全自動運転車をリリース、高性能AIで人間より3倍安全なAutopilotを実現

多くの自動車メーカーが自動運転の開発に手間取るなか、Teslaは2019年末までに完全自動運転機能を投入する。クルマはすでに必要なハードウェアを搭載しており、ソフトウェアをWiFiで更新するだけで自動運転車となる。Teslaはカメラの画像を高性能AIプロセッサで解析することでこれを実現する。Lidarは不要で定石を覆す方式を取り、自動運転技術のブレークスルーが生まれるのか、その成果に注目が集まっている。🔒

出典: Tesla

Waymoは無人タクシーアプリを一般に公開、いよいよ自動運転車サービスが始まる

Waymoは、2019年4月、無人タクシーサービス「Waymo One」向けのアプリを公開した。このアプリをGoogle Playからダウンロードして利用する。Uberを使う要領で、アプリからWaymoに配車をリクエストする(下の写真)。無人タクシーサービスはアリゾナ州フェニックスで展開されている。今までは実証試験として利用者を限定してきたが、今月からこのサービスが一般に公開された。

出典: Waymo

商用サービスを拡大

Waymoは2017年から、アリゾナ州フェニックスの特定地域で無人タクシーの実証実験「Early Ride Program」を進めてきた。2018年12月、Waymoはこれを商用ベースに切り替え、「Waymo One」という名称で無人タクシーサービスを開始した。Waymo Oneは実証実験への参加者を対象に限定的に進められてきたが、今月からこのサービスを一般に公開した。

専用アプリを公開

Waymo Oneを使うには、公開されたアプリをスマホにダウンロードして利用する。ただ、すぐに利用できるわけではなく、アプリはWaymo Oneの利用申請書となっている。アプリを起動するとWaymo One利用申し込みの画面となり、ここで利用を申請し、これが認可されるとサービス利用できる(下の写真)。当初はフェニックスの特定地域に居住している住民が優先される。

出典: VentureClef

アプリの使い方

申請が認可されると公開されたアプリからWaymo Oneのサービスを利用できる。配車をリクエストする際には、乗車場所(Pickup Point)と降車場所(Dropoff Point)を指定する(下の写真左側と中央)。これに対してアプリはこの近傍の最適な乗車場所と降車場所を示し、これでよければリクエスト(Request Ride)ボタンを押すとクルマが配車される(下の写真、右側)。これは有料のサービスであるが料金体系は公開されていない。

出典: Waymo

料金を計算すると

一方、アプリの画面には、Element Chandler Fashion CenterからDowntown Chandlerまで走行すると料金は$7.32との記述がある。この区間の距離は4.5マイルで所要時間は11分程度で、ここから計算すると料金単価は$1.63/マイルとなる。また、同じ区間をUberXで走行すると$9.92となり、30%ほど安く設定されている。

車内のディスプレイ

クルマが配車され乗車すると、座席の前のディスプレイに目的地と所要時間・到着予定時間が示される。これを確認して「Start Ride」ボタンを押すとクルマは発進する。走行中はクルマのディスプレイに運行状況が表示される(下の写真)。ここにクルマが認識する周囲の状態が表示され、車線や横断歩道、他の車両や歩行者などがグラフィカルに表示される。走行に影響するオブジェクトはハイライトして示される。到着地でクルマを降りると料金はアプリに課金される。

出典: Waymo

オペレーターのサポート

走行中に乗客はWaymo Oneのオペレーターと会話することができる。ディスプレイの「Support」ボタンを押すと、電話がコールセンターに繋がり、オペレーターと話をすることができる。例えば、「行き先を変更したいがどうすればいいのか?」などと問い合わせることができる。無人タクシーではオペレーターがドライバーに代わり乗客をサポートする。

一般公開の意義

Waymo Oneが一般に公開されたことは、無人タクシーの商用サービスに向け大きく前進したことを意味する。実証実験では参加者は厳しい制約の下でWaymo Oneを利用してきた。参加者は守秘義務にサインし、知りえた情報を外部に公開することは禁止されていた。また、社内でビデオや写真撮影は禁止され、また、参加者以外の人を同乗させることはできなかった。サービスの一般公開でこれらの制限が撤廃された。

体験レポート

これに伴い、ネット上でWaymo Oneの乗車体験レポートが目立つようになった。ある利用者は、Waymoが渋滞のハイウェイでうまく車線変更できた様子をYouTubeに掲載している。一方、ショッピングセンターの道路が大勢の歩行者で込み合い、クルマは立ち往生したとの報告もある。結局、アルゴリズムがタイムアウトとなったのか、セーフティドライバーがコールセンターに連絡し、ルートを再計算して再起動した。当面はセーフティドライバーが搭乗し、クルマが完全に自動走行できるにはもう少し時間がかかりそうな様子がうかがえる。

出典: Waymo

カリフォルニア州での営業運転

コールセンターはフェニックス、オースティン、及び、マウンテンビューに開設されている。フェニックスの次はこれらの都市でWaymo Oneの営業運転が始まる可能性が高い。事実、Waymoはカリフォルニア州で自動運転車を無人で運行するための認可を受けた。自動運転車の走行ではセーフティドライバーの搭乗が義務付けられていたが、これにより無人車両を公道で走らせることができるようになった。Waymoが認可を受けた最初の企業となり、Waymo Oneの営業運転の環境が整ってきた。

日本人を含む有色人種は自動運転車に轢かれる確率が高い、AIアルゴリズムの精度が白人に偏っている

自動運転車が歩行者を認識する精度は肌の色により異なり、白色人種より有色人種の検知精度が低いことが判明した。これはGeorgia Institute of Technologyの研究チームが明らかにしたもので、自動運転車は有色人種の歩行者を検知しにくいという特性がある。イメージ判定のアルゴリズムがバイアスしているためで、自動運転車の場合は生命にかかわる問題として注意を喚起している。🔒

出典: Benjamin Wilson et al.  

Amazonは商品配送に自動運転車を導入、Auroraなど自動運転ベンチャーに大規模な出資

Amazonは自動運転ベンチャーAuroraに大規模な出資を実施した。Amazonが自動運転車の開発に乗り出すとの憶測もあるが、実際には、商品配送に自動運転車を導入する準備を進めている。Amazonの配送車両やトラックを自動運転化し人件費を削減する。また、自動走行するロボットが配送のラストマイルを担う。🔒

出典: Aurora